占い信じてますか?

>

良い占い師ってどんな人?

信じる人も信じない人も…

信じる人と信じない人の特徴についてまとめている中で、「良いことだけ信じる」というご都合主義の考え方をする人が全体の半数以上を占めるということを知りました。
そのことから考えると、両者は一見真逆の存在にあるように思われがちですが、実はそんなに変わらないのではないかと思います。
”何を信じて生きているか?”そんな少しの違いしかないのです。
それを前提に言うとするならば、占いは信じても信じなくても構わないと思います。
所詮占いは必ず未来を言い当てられるわけではないのです。
ただ、占いは自分を信じるために役立ちます。
お互いの意見を押し付けることなく、そう考える人もいるのかとお互いが理解することは難しいかもしれませんが、参考にしていただけると嬉しいです。

良い占い師について

占いに興味がある人向けにはなりますが、良い占い師とはどういう人物なのか?ということもまとめてみたいと思います。

・言葉が素直に入って
・態度が横柄でない
・不安ばかりを煽らない
・曖昧な答えではない
・料金が適正

まず、占い師は神様ではなく、人間です。
なので、人間的に魅力を感じることができ、言葉が素直に入ってくる人というのは絶対条件なので、態度が横柄な人は論外だと思います。
あと、不安ばかりだったり、曖昧な答えばかり言われたら嫌ですよね。
不安を煽り、脅してお金を請求されることもありますので、注意が必要です。
上記のように自分が嫌だと感じた場合はすぐに切り上げることをお勧めします。
重要なポイントは”よく当たるが正義ではない”ということです。
”信頼に足る人物か”に尽きると思います。
信頼でき、運勢を好転でき、幸せになれるよう優しくお手伝いしてくれる、そんな占い師と巡り合えるといいですね。


この記事をシェアする