占い信じてますか?

>

占いを信じない人の特徴

信じない人の特徴と心理はどんなもの?

占いを信じない人は

・頑固な人
・占いに対する偏見が強い人
・不確かなものを信じない人
・占いが胡散臭く感じる人
・他人の意見に左右されたくない人
・自分を信じている人
・現状に満足している人

このような特徴があります。
頑固な人という言葉にすべて集約されているように思われがちですが、頑固だけではなくそこには色々な心理があるのです。
占いのように目に見えないものや根拠のないものが胡散臭く信じられないというのもその一つですが、必ずしも当たるという確証もないにもかかわらず行動を制限する文章が並べられていることに嫌悪感を覚える人も多くいます。
その他、自分を信じている人は占い自体を必要としていないし、現状に満足している人は、悪い結果が出ると今の幸せに水が差されるので占い自体を遠ざける傾向にあります。

占いを信じる人と上手に付き合うには

もし占いを信じる人との会話が苦痛と感じたとき、どのようにすればいいのでしょうか?
その答えは”そりが合わない”人と付き合う方法と基本的に同じなのですが、
・相手を理解する努力をする
・自分の価値観を押し付けない
・ちょっと距離を置く
大きく分けてこの3つでしょうか。
基本、育ってきた環境が違うし、まったく同じ人間は1人もいないし、同じ価値観や意見の人などいないのです。
心からわかり合うことは不可能かも知れませんが、”また言ってる”と信じない自分の意見を少しだけ横に置いて、広い心で受け入れる余裕を持つことが出来れば一番良いのではないでしょうか。
理解する事と、受け入れることは似ているようで違います。
それが難しければ占いの話題が出た瞬間に、話題をかわし、距離や時間を少し置いてみるのも手だと思います。


この記事をシェアする